アーティスト

GACKTすべらない話初参戦でMVSに!本当にヤバいイノグチ先輩【動画】

15周年を迎えたダウンタウン松本人志さんの人気トークバラエティー番組「人志松本のすべらない話」。

2020年1月11日放送、第35回大会にアーティストのGACKTさんが初参戦したことが話題となった!

GACKTさんは初参戦にもかかわらず、まさかの3連続エピソードでMVSに選ばれました。

[box class=”blue_box” title=”この記事はこんな方におすすめ”]・GACKTさんがMVSに選ばれたエピソードを知りたい
・GACKTさんがMVSに選ばれたエピソードの動画を見たい[/box]

[box class=”blue_box” title=”あわせて読みたい”][kanren postid=”587″][/box]

スポンサードリンク

人志松本のすべらない話とは

ダウンタウン松本人志さんの人気トークバラエティー番組「人志松本のすべらない話」。

第35回大会(2020年1月11日放送)にアーティストのGACKTさんが初参戦したことで話題となった。

「すべらない話」は、松本人志さんはじめ、たくさんのお笑い芸人の方達やタレントさんがこれまでに体験した数々のすべらない話を披露していくという番組です。

番組はカジノをイメージしたセットの中行われ、ルールとして松本さんが出演者全員の名前が入ったサイコロを振り、名前の出た人がすべらない話をする。というもの。

GACKTの話した全4エピソードタイトル

サイコロを振り、話す人が決まるのでヤラセは一切なし

そして初参戦のGACKTさんは、まさかの3連続でエピソードを話すことに。
(放送では全部で4つのエピソードを披露してくれました。)

GACKTさんの話したエピソードタイトルこちら。

  • 「それは外すな」
  • 「星に帰るマカベ」
  • 「恐怖のイノグチ先輩」(MVSを取ったエピソード)
  • 「それは入れるな」

今回はMVSを取った、「恐怖のイノグチ先輩」をご紹介します。

GACKTすべらない話初参戦でMVSに!本当にヤバいイノグチ先輩

GACKTさんが中学のときの話。

一個上で一匹狼、ケンカが強く誰ともつるまないと言われているイノグチ先輩。

兎に角ヤバい先輩で、目が合うだけで殴られる、というヤバい人。

イノグチ先輩は、別名「ルパンイノグチ」とも言われていた。

その名前の由来は、イノグチ先輩に「万引できないものはない」という伝説があり、そこからルパンイノグチというあだ名になったとのこと。

しかし、イノグチ先輩は一匹狼。

誰ともつるんでいないので、「万引できないものはない」という事実を誰も見ていなく確信がない

そんなある日、GACKTさんが連れとデパートに行ったときの話し。

GACKTさんがデパートの中を見ていると、向こうの方からイノグチ先輩の姿が・・・。

GACKTさんは「ヤバい!イノグチ先輩だ!」と思い、目を合わさないようにしていた。

歩いてくるイノグチ先輩。

イノグチ先輩は、店内を歩きながらずっと「ドン♪カン♪ドンドンカン♪」とボイパのように口でリズムを刻みながら歩いていた。

それを見た連れが「後つけてみよう」といい、デパートのエスカレターを上がり、電化製品の売り場へ。

電化製品のコーナーについてもイノグチ先輩は「ドン♪カン♪ドンドンカン♪」とずっと口ずさんでいる。

ドン♪カン♪ドンドンカン♪」と様子を見ていると、そのままイノグチ先輩は目の前にあったラジカセを担ぎ、「ドン♪カン♪ドンドンカン♪」と言いながらそのまま店を出る。

「万引できないものはない」。伝説の通り、イノグチ先輩は「ルパンイノグチ」だった。

しかしその後、イノグチ先輩は捕まったそうです。

 

すべらない話GACKTMVS受賞動画

そして、このイノグチ先輩の話でGACKTさんはMVSの受賞となりました

MVSとは、Most Valuable すべらないの略。

その日最もすべらなかった話を松本さんが選び決まるものです。

その様子はこちら

 

スポンサードリンク

まとめ

今、バラエティ番組に引っ張りだこと言われているGACKTさん。

今後も違った一面を見せてくれることを楽しみにしたいと思います。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。