サブカル

ヒロアカ「志賀丸太」大炎上の理由は?人体実験?ネットの声まとめ

漫画「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」に登場したキャラクター「志賀丸太」という名前が大炎上しています。

その理由は「過去の史実を想起させる」との指摘があったとのこと。

これによりネットは大炎上!ネットの声(国内外)をまとめてみました。

[box class=”blue_box” title=”この記事はこんな方におすすめ”]・ヒロアカ「志賀丸太」が何故大炎上した?
・大炎上の理由は?
・大炎上ネットの声(国内外)まとめ[/box]

スポンサードリンク

ヒロアカ「志賀丸太」大炎上の理由は?人体実験?

週刊少年ジャンプに連載中の「僕のヒーローアカデミア」。

ここに登場するキャラクター、ヴィラン連合ドクターの名前が「志賀丸太」ということから、お隣韓国では“第二次世界大戦中に行われたとされる旧日本軍による人体実験を連想させる”と大炎上しています!

今回の大炎上で、少年ジャンプ側とヒロアカの作者堀越耕平さんはキャラクターの名前を変更すると発表しました。

 

作者の堀越耕平さんは、「歴史、史実を想起させるつもりはなかった」とコメント。

 

第二次世界大戦「731部隊」

問題となっている過去の史実とは、第二次世界大戦中、旧日本軍に存在してとされる「731部隊(ななさんいちぶたい)」。

この731部隊の正式名称は、「関東軍防疫給水部本部」と言われています。

しかし、この731部隊で実際に行われていたのは、生物兵器の研究や朝鮮人・中国人・モンゴル人・アメリカ人・ロシア人などの捕虜を使った、無残な“人体実験”が行われていたと言われています。

この人体実験で使われた捕虜、実験材料のことを通称「丸太」と呼んでいたそうです。

この第二次世界大戦中の出来事を想起させるということで、今回、国内に限らず韓国中国などでも炎上しているようです。

ヒロアカ「志賀丸太」大炎上!ネットの声まとめ

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク