テレビ番組

ガキ使完全版【動画】佐野史郎の負傷の実験シーンカットオンエアされず

「ガキの使い!絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!完全版SP」の放送が1月4日にありました。

今回の笑ってはいけないでは、佐野史郎さんが撮影中にケガをするというアクシデントがあり、放送前から心配の声がありました。

4日放送の笑ってはいけない完全版では、「お蔵入りか」と言われていた、問題の佐野史郎さんのシーンも放送されました

[box class=”blue_box” title=”この記事はこんな方におすすめ”]・笑ってはいけない佐野史郎さんの出演シーンを見たい
・ケガをしたってどんなことやってたの?[/box]

[box class=”blue_box” title=”あわせて読みたい”][kanren postid=”367″][/box]

スポンサードリンク

撮影中のケガって何があったの?

佐野さんは、2019年の11月に行われたガキ使のロケで、腰の骨を折り全治2カ月で入院をしていました

佐野さんが参加していたシーンは、佐野さんが科学部の顧問として「ノーベル賞を狙える新たな理論を導き出しました。きょうは世紀の大実験をしたい」と言い、出川哲朗、上島竜兵らおなじみのメンバーを科学の部員にし、体を張って検証するという実験企画

行われた実験は、2リットルのペットボトルに液体窒素0.5リットルを入れ、それをドラム缶に入れます。

そして、ドラム缶の上に板と座布団を設置。

その上にラーメンの入ったどんぶりを持った佐野さんが座り、液体窒素の入ったペットボトルが破裂した力で佐野さんが浮き上がる。

その浮き上がった間に、ラーメンを食べていられるのか。

という実験企画でした。

 

放送シーンはカットお蔵入り

4日放送の笑ってはいけない完全版では、その実験シーンはカット。

ギリギリまでそのシーンを使うのか、静止画にナレーションみたいな形で放送はされるのかなと思っていたのですが、丸々カットとなっていましたね。

しかし、笑ってはいけない完全版では、その他のシーンはちゃんと放送されていました。

佐野史郎さんの実験シーンはこちら

スポンサードリンク

まとめ

近年様々な企画が行われているバラエティ番組。

視聴者を笑わせようと企画をしたのだと思いますが、ケガをされては笑いたくても笑えません

ケガには気をつけてもらいたいものです。

佐野史郎さんが少しでも早くお仕事に復帰されることを願っています。

また元気な姿で、2020年のガキ使にも出演してもらいたいですね。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク